世界の演奏家 まとめ

世界で活躍されている演奏家のYouTubeや名盤をまとめてます。注目のソリストの演奏会情報も更新してます!

プロフィール

sro6

Author:sro6
クラシック初心者の方にも見てもらいたく書いております。
相互リンク募集しております。

ランキング

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リサ・バティアシュヴィリ



Lisa Batiashvili 1979年 ~
グルジア出身のヴァイオリニスト。夫はオーボエ奏者のフランソワ・ルルー。
グルジアの首都トビリシに生まれ、1994年に一家でドイツのミュンヘンに移住する。ハンブルクでマルク・リュボツキーに、ミュンヘンでアナ・チュマチェンコにヴァイオリンを師事。1995年にはわずか16歳にしてシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールにおいて2位に入賞し脚光を浴びた。
2001年にBBCプロムスのコンサートに初出演して絶賛を浴びたほか、2007年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やニューヨーク・フィルハーモニックの演奏会にもデビュー。2003年にはシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭においてレナード・バーンスタイン賞を受賞。現在は世界各地で一流指揮者やオーケストラと共演を重ねており、日本ではNHK交響楽団と2004年1月(シャルル・デュトワ指揮)、2006年4月(シャルル・デュトワ指揮)、2009年1月(デイヴィッド・ジンマン指揮)、2011年12月(シャルル・デュトワ指揮)に共演している。

2001年にEMIよりCDデビュー(この時はエリザベス・バティアシュビリ-Elisabeth Batiashvili名義)。その後ソニー・クラシカルから2枚のCDをリリースし、2010年にはドイツ・グラモフォンへ移籍。この他、夫であるフランソワ・ルルーのCDにもヴァイオリニストとして参加している。
使用楽器は日本音楽財団貸与の1709年製ストラディヴァリウス「エングルマン」

おすすめ名盤


シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、リンドベルイ:ヴァイオリン協奏曲
2001年ヘルシンキで行われたシベリウス・コンクールで、16歳の若さで第二位に入賞して注目されたヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリの移籍第1弾アルバム。怜悧な美音を十分堪能できるシベリウスのヴァイオリン協奏曲と、同郷の作曲家リンドベルイが2006年に書き上げリサによって初演されたヴァイオリン協奏曲世界初録音の組合せ。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。