世界の演奏家 まとめ

世界で活躍されている演奏家のYouTubeや名盤をまとめてます。注目のソリストの演奏会情報も更新してます!

プロフィール

sro6

Author:sro6
クラシック初心者の方にも見てもらいたく書いております。
相互リンク募集しております。

ランキング

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辻井伸行



辻井 伸行(つじい のぶゆき、1988年9月13日 - )は、日本のピアニストである。2009年、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて日本人として初優勝した。上野学園大学在学中。

これまでに、増山真佐子、川上昌裕、川上ゆかり、横山幸雄、田部京子に師事している。

東京都豊島区出身。産婦人科医の父と元アナウンサーの母を両親に持ち、視覚障害者として生まれる。筑波大学附属盲学校(現在は視覚特別支援学校)小学部を経て[1]、東京音楽大学付属高等学校(ピアノ演奏家コース)卒業。

1995年(平成7年)、7歳で全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第1位受賞。10歳となった1998年(平成10年)、三枝成彰スペシャルコンサートで本名徹次指揮、大阪センチュリー交響楽団と共演し、鮮烈なデビューを飾った。

2005年(平成17年)6月に、レオシュ・スワロフスキー指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、大成功を収めた。同年10月、ワルシャワで行なわれた第15回ショパン国際ピアノコンクールにて「ポーランド批評家賞」を受賞した。

2009年(平成21年)6月7日、アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した(中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝)。日本人として初の優勝である。同年7月13日、台東区民栄誉章を受章した。


おすすめ名盤

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
辻井伸行×佐渡 裕、感動の共演によるライヴ・ツアーがついに実現。オーケストラはイギリスの名門BBCフィルハーモニック。このライヴ・ツアーを記念して、公演曲目となるラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番とチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番を豪華カップリングしたアルバム。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。