世界の演奏家 まとめ

世界で活躍されている演奏家のYouTubeや名盤をまとめてます。注目のソリストの演奏会情報も更新してます!

プロフィール

sro6

Author:sro6
クラシック初心者の方にも見てもらいたく書いております。
相互リンク募集しております。

ランキング

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 第51回 大阪国際フェスティバル ロリン・マゼール指揮 ミュンヘン・フィル

第51回 大阪国際フェスティバル
ロリン・マゼール指揮
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
2013.4.16

開演/19:00
曲目/
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲~ヴェヌスベルクの音楽(パリ版)
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死
ブルックナー:交響曲 第3番 ニ短調(1889年第3稿 ノーヴァク版)
料金/S 22,000円 A 19,000円 B 16,000円 C 13,000円 D 9,000円
BOX 27,000円
チケット発売日/一般発売:2012年10月6日(土)10:00

詳しくはコチラ
http://www.festivalhall.jp/program_information.html?id=15

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


  • 若き名手たちによる室内楽の極み  ~長原幸太 with フレンズ~

若き名手たちによる室内楽の極み 
~長原幸太 with フレンズ~

●日時
2013年4月11日(木)19時00分開演 21時00分終演予定
●出演者
長原幸太、西江辰郎(ヴァイオリン)
鈴木康浩、大島 亮(ヴィオラ)
上森祥平、富岡廉太郎(チェロ)
●演奏曲目
モーツァルト:ディヴェルティメント 変ホ長調 K.563
シェーンベルク:浄められた夜 op.4
●料金
一般=¥4,000 学生=¥2,000
いずみホールフレンズ会員=¥3,600 

音楽界を引っ張る「六人の侍」見参!
2012年3月まで務めた、大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスターとしての記憶もいまだ鮮烈な長原幸太。オーケストラの首席奏者やソリストとして活躍する、同世代の気の合う仲間たちが集まり、個性豊かなアンサンブルの魅力を聴かせてくれます。

詳しくはコチラ
http://www.izumihall.co.jp/schedule/concert.html?cid=435&y=2013&m=4


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


リサ・バティアシュヴィリ



Lisa Batiashvili 1979年 ~
グルジア出身のヴァイオリニスト。夫はオーボエ奏者のフランソワ・ルルー。
グルジアの首都トビリシに生まれ、1994年に一家でドイツのミュンヘンに移住する。ハンブルクでマルク・リュボツキーに、ミュンヘンでアナ・チュマチェンコにヴァイオリンを師事。1995年にはわずか16歳にしてシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールにおいて2位に入賞し脚光を浴びた。
2001年にBBCプロムスのコンサートに初出演して絶賛を浴びたほか、2007年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やニューヨーク・フィルハーモニックの演奏会にもデビュー。2003年にはシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭においてレナード・バーンスタイン賞を受賞。現在は世界各地で一流指揮者やオーケストラと共演を重ねており、日本ではNHK交響楽団と2004年1月(シャルル・デュトワ指揮)、2006年4月(シャルル・デュトワ指揮)、2009年1月(デイヴィッド・ジンマン指揮)、2011年12月(シャルル・デュトワ指揮)に共演している。

2001年にEMIよりCDデビュー(この時はエリザベス・バティアシュビリ-Elisabeth Batiashvili名義)。その後ソニー・クラシカルから2枚のCDをリリースし、2010年にはドイツ・グラモフォンへ移籍。この他、夫であるフランソワ・ルルーのCDにもヴァイオリニストとして参加している。
使用楽器は日本音楽財団貸与の1709年製ストラディヴァリウス「エングルマン」

おすすめ名盤


シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、リンドベルイ:ヴァイオリン協奏曲
2001年ヘルシンキで行われたシベリウス・コンクールで、16歳の若さで第二位に入賞して注目されたヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリの移籍第1弾アルバム。怜悧な美音を十分堪能できるシベリウスのヴァイオリン協奏曲と、同郷の作曲家リンドベルイが2006年に書き上げリサによって初演されたヴァイオリン協奏曲世界初録音の組合せ。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


ジャン=ピエール・ランパル



Jean-Pierre Rampal, 1922年1月7日 - 2000年5月20日 は、フランスのフルート奏者。

20世紀の最も偉大なフルート奏者とみなされている。フルートという楽器を、ピアノや弦楽器と同じように大聴衆の鑑賞に堪えうる楽器として、世界的に認識させた最初の演奏家である。世界の最も有名なオーケストラや室内合奏団と共演したほか、アイザック・スターンやムスティスラフ・ロストロポーヴィチと室内楽の演奏を行なった。プーランクなどの作曲家から作品を献呈されている。数多くの忘れられたバロック音楽を発掘し、編曲し、上演してきたことでも著名。
1946年 ヴィシー歌劇場管弦楽団のメンバーとなり、1947年にジュネーブ国際コンクールで優勝しソロで活動を始める。1956年からパリ・オペラ座管弦楽団の首席奏者となる、1962年に退団後はフランス最高のフルート奏者として世界各地に演奏旅行の傍ら、フランス管楽五重奏団とパリ・バロック合奏団を組織したりした。78歳で逝去した。

おすすめ名盤


モーツァルト:フルート協奏曲第1番&第2番
日本のクラシック音楽録音史の貴重な遺産の数々を初CD化・完全復刻!本作は、フルート奏者、ジャン=ピエール・ランパルが日本コロムビアに残した第1回録音盤。彼の脂の乗り切った演奏を収録。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


  • 千住真理子 スウィート・バレンタイン

千住真理子 スウィート・バレンタイン
トーク&リサイタル ~愛のクライスラー~



[ヴァイオリン]千住真理子
[ピアノ]丸山滋
日時 2013年2月2日(土) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 全席指定 3,000円
入場券発売日 2012年10月28日(日)

プログラム クライスラー:愛の喜び
エルガー:愛のあいさつ
リスト:愛の夢 第3番
クライスラー:カヴァティーナ
クライスラー:愛の悲しみ
クライスラー:真夜中の瞳
越谷達之助/渡辺俊幸:初恋
クライスラー:ジプシー奇想曲

黒人霊歌:アメイジング・グレイス
クライスラー:祈る女(ひと)
カタロニア民謡:鳥の歌
リリウオカラニ:アロハ・オエ
アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌
ホルスト:ジュピター
クライスラー:ウィーン狂詩幻想曲

今回のテーマは “愛のクライスラー”。ヴァイオリンを愛する人ならば、誰もが一度はその名を聴いたことがある世界的ヴァイオリニスト、フリッツ・クライスラー(1875~1962)のオリジナル作品や愛すべきアレンジ作品を中心に、ヴァイオリンが奏でる愛の世界をお贈りします。
折しもリサイタルの翌日は冬から春へ季節が移り変わる節分、その次の日は立春。新しい春の到来を、千住さんのヴァイオリンで感じてみませんか。

http://www.asahi.co.jp/symphony/event/detail.php?id=1754

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。