世界の演奏家 まとめ

世界で活躍されている演奏家のYouTubeや名盤をまとめてます。注目のソリストの演奏会情報も更新してます!

プロフィール

Author:sro6
クラシック初心者の方にも見てもらいたく書いております。
相互リンク募集しております。

ランキング

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 横山幸雄 ドラマティック4大コンチェルト 2013

横山幸雄 ドラマティック4大コンチェルト 2013



[指揮]飯森範親
[ピアノ]横山幸雄
[管弦楽]日本センチュリー交響楽団
日時 2013年1月14日(月) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 6,000円 B 4,500円 C 3,000円
入場券発売日 2012年9月9日(日)

プログラム ショパン:ピアノ協奏曲 第1番
ショパン:ピアノ協奏曲 第2番

シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調
リスト:ピアノ協奏曲 第1番

今回の「ドラマティック4大コンチェルト」では、人気の高いショパンの協奏曲第1番と第2番、そしてシューマン、リストというロマン派の巨匠の作品4曲を並べました。同じ1810年生まれの“ロマン派の先駆者”シューマン、“ピアノの詩人”ショパン。そして、1811年生まれの1年後輩、“ピアノの魔術師”リスト。激情、浪漫、華麗、三者三様のピアノの世界を、鉄人横山幸雄が鮮やかに描きます!前回は瞬く間に完売!ぜひチケットはお早めに!

詳しくはコチラ
http://www.asahi.co.jp/symphony/event/detail.php?id=1736

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
スタニスラフ・ブーニン



Stanislavovich Bunin:1966年9月25日~
ロシアのピアニスト。祖父はゲンリフ・ネイガウス、父はスタニスラフ・ネイガウス。

日本では最も有名な外国人ピアニストの一人。ピアノコンクールとして非常に権威の高い、ショパン国際ピアノコンクール(開催地:ワルシャワ)で第11回大会(1985年10月1日~21日)にわずか19歳で圧倒的な優勝をした。これをNHKが特集番組を放送したことを端に、当時「ブーニン・フィーバー」(または「ブーニン現象」)が巻き起こり、これによって日本のクラシックファンの裾野を広げた。
。「ブーニン・フィーバー」を期にブーニン自身は日本を非常に好意的に思うようになり、頻繁に来日演奏会を催している。妻は日本人であり、家も日本にある。

おすすめ名盤

衝撃のショパン・コンクール・ライヴ 2
日本中をフィーバーさせたブーニンの,85年のショパン・コンクール第1次及び第2次予選での演奏を収めたライヴ盤。ここに収録された全13曲には随所に彼の個性のほとばしりが見られるが,特にスケルツォ第4番と英雄ポロネーズは強烈な印象を残す。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


クリスティアン・リンドベルイ



Christian Lindberg, 1958年 ~ は、スウェーデンのトロンボーン奏者。世界でただ1人、フルタイムのソロ・トロンボーン奏者として成功している人物で、これまでに70曲以上の協奏曲を含む200曲以上もの作品を初演している。

クリスティアン・リンドベルイはストックホルム出身で、17歳でトロンボーンをはじめるまではバリトンホルンを学んでいた。19歳のときストックホルム王立歌劇場管弦楽団でプロ奏者としての地位を得た。その後、フルタイムのソリストになるための勉強をはじめるため、20歳でそのオーケストラを離れた。
リンドベルイの楽器の腕前は、トロンボーンという楽器において最上のものである。たとえば、ヴィヴァルディの四季の冬におけるソロ・ヴァイオリンのパートを演奏するとき、驚くべきスピード、正確さ、スタミナ、柔軟性、そして音域などの要素を見出すことが出来る。一方、自身が編曲したプロコフィエフのロメオとジュリエットの『ジュリエットの告別』に代表されるような作品における抒情的な演奏は、それと対極をなすものである。
また、スヴェン=ダヴィット・サンドストレムから作曲を手がけるように説得されたことをきっかけとして、39歳のときに作曲家としての活動をはじめた。初めての自作自演作品であるトロンボーンと弦楽のための音楽『Arabenne』は1997年に録音した。2000年にはイングリッシュ・ノーザン・シンフォニアを振って指揮者デビューも果たした。

おすすめ名盤


トロンボーン協奏曲 R・コルサフ 他
クリスチャン・リンドベルイ(Tb), 今村能(指揮)東京佼成ウィンドオーケストラ

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


  • フジコ・ヘミング ピアノ・ソロ・リサイタル

フジコ・ヘミング
ピアノ・ソロ・リサイタル



[ピアノ]イングリット・フジコ・ヘミング

日時 2013年3月13日(水) 19:00 開演 18:00 開場

会場 ザ・シンフォニーホール

料金 S 12,000円 A 10,000円 B 8,000円

※売り切れの場合がございます。詳細はお問い合わせ先にてお尋ねください。
プログラム リスト:ラ・カンパネラ
         ほか
お問い合わせ先 サモンプロモーション
0120-499-699

詳しくはコチラ
http://www.samonpromotion.com/jp/live/fujiko/

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


  • 日本センチュリー交響楽団 第178回定期演奏会 エマニュエル・パユ

日本センチュリー交響楽団 第178回定期演奏会

[指揮]ドミトリー・シトコヴェツキー

[フルート]エマニュエル・パユ

[管弦楽]日本センチュリー交響楽団

日時 2013年2月14日(木) 19:00 開演 18:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール

料金 A 6,000円 B 4,500円 C 3,000円 D 1,000円 車椅子席 3,000円
※売り切れの場合がございます。詳細はお問い合わせ先にてお尋ねください。

プログラム

ハイドン:交響曲 第103番 変ホ長調 Hob.I,103「太鼓連打」

モーツァルト:フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313

ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1945年版)

お問い合わせ先 センチュリー・チケットサービス 

詳しくはコチラ
http://www.asahi.co.jp/symphony/event/detail.php?id=1597
日本センチュリー交響楽団HP
http://www.century-orchestra.jp/concert/index.html#no178

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。