世界の演奏家 まとめ

世界で活躍されている演奏家のYouTubeや名盤をまとめてます。注目のソリストの演奏会情報も更新してます!

プロフィール

sro6

Author:sro6
クラシック初心者の方にも見てもらいたく書いております。
相互リンク募集しております。

ランキング

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モーリス・アンドレ



モーリス・アンドレ(Maurice André, 1933年5月21日 - 2012年2月25日)は、フランスのトランペット奏者。セヴェンヌ近郊アレスの出身。
アマチュア音楽家の家庭に生まれる。父親の友人レオン・バルテルミーにトランペットの手ほどきを受け、パリ音楽院に進むように奨められるが、入学許可証を得るため、軍楽隊に加わった。音楽院では、レイモン・サバリクの薫陶を受け、在学1年目にコルネットで、2年目にトランペットで首席となる。音楽院では、ある教員よりうまく演奏することができたため、鬱憤を募らせたその教員に殴られ、帰郷を命ぜられたこともあった。それから数週間後に、アルバンの著書に載っている全14曲の練習曲を、ミスなしで演奏し切った。卒業の翌年、パリ国際音楽コンクールで見事優勝をとげる。
1955年にジュネーヴ国際音楽コンクールにて優勝すると、1963年にもミュンヘン国際音楽コンクールにて優勝した。

また、1959年には、セルマー社と協同して、現在広く使用されているピッコロトランペットを創り出した。この楽器は、熟練していない演奏者の手にかかると、甲高くきつい音色になってしまうが、アンドレはこの楽器をやすやすと扱い、理想的な柔和な音色を出してみせた。
2012年2月25日、ピレネー=アトランティック県バイヨンヌの病院にて永眠。78歳没。

おすすめ名盤


ハイドン& L.モーツァルト:トランペット協奏曲集
ハイドンとL.モーツァルト(モーツァルトの父)によるトランペット協奏曲に加えハイドンとモーツァルトのオーボエ協奏曲からの編曲計4曲を収録。フランスの天才トランペット奏者=アンドレの自由奔放な演奏が聴ける名盤。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


  • 第24回成人の日コンサート2013

<みずほフィナンシャルグループ>
第24回成人の日コンサート2013

【日時】2013年1月14日(月・成人の日) 15:00開演
【会場】サントリーホール

【席種・料金】S席-6000円 A席-5000円 B席-4000円
学生席-2000円 ※未就学児童入場不可
(新成人以外の方もお求めいただけます)

《第1部》
Promising Artist ヴァイオリン:三浦文彰
ラヴェル「ツィガーヌ」オーストラ版

牧阿佐美バレヱ団
ラヴェル「ボレロ!」

《第2部》
「迷宮のオペラ座」
~原作:ガストン・ルルー 小説「オペラ座の怪人」
指揮:大友直人/管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
出演:朝海ひかる/田代万里生/吉原圭子/加耒徹

詳しくはコチラ
http://t2.pia.jp/feature/classic/cad-con/index.html

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


マキシム・ヴェンゲーロフ



マクシム・アレクサンドロヴィチ・ヴェンゲーロフ
Maxim Aleksandrovich Vengerov、1974年8月20 ~ はシベリアのノヴォシビルスク出身のロシアのヴァイオリニスト、指揮者。ユダヤ系で、イスラエル在住。
5歳からガリーナ・トゥルチャニノーヴァに師事した。その後伝説的なヴァイオリン教師ザハール・ブロンに師事し、わずか10歳でポーランドのリピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクールジュニア部門で優勝。その後、モスクワやレニングラード(現サンクトペテルブルク)で凱旋コンサートを行い、間もなくロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団や、BBCフィルハーモニック、ソビエト国立交響楽団と共演した。

華麗な技巧と豊かな表現性のヴァイオリン演奏は人気を博したが、2007年には右肩の故障のために、プロムスでの演奏をキャンセルしたほか、公演のキャンセルが相次いだ。2008年から演奏活動の休止を宣言し[1]、以降は指導者、指揮者としての活動に専念していた。2011年から再びヴァイオリンの演奏活動を再開し、2012年2月にはロンドンの王立音楽アカデミーの教授に就任した
使用楽器は1727年製のストラディヴァリウス「クロイツェル」

おすすめ名盤


ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ(春)(クロイツェル)
現代を代表するヴァイオリニストの1人へと成長したヴェンゲローフが、91、92年に録音したベートーヴェンの2大ヴァイオリン・ソナタ。スケールの大きさを感じる名演だ。廉価での再発売。


カルメン幻想曲~スーパー・ヴァイオリンの名技
解釈の深浅よりも、まず指が回るかどうかが問題になる難曲ばかりを集めたアルバムである。録音当時、17歳だったヴェンゲーロフのテクニックは、小憎らしいほど冴えわたっている。パガニーニの曲では、メータが作り出す堂々たる響きも印象に残ることだろう。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


  • 小菅 優 ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全曲演奏会シリーズ

小菅 優
ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全曲演奏会シリーズ第5回



●日時
2013年3月6日(水)19時00分開演 21時00分終演予定
●出演者
小菅 優(ピアノ)
●演奏曲目
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第19番 ト短調 op.49-1
                第20番 ト長調 op.49-2
                第7番 ニ長調 op.10-3
                第12番 変イ長調 op.26
                第26番 変ホ長調 op.81a「告別」
●料金
一般=¥4,000 学生=¥2,000
いずみホールフレンズ会員=¥3,600
●発売日
フレンズ:2012年11月30日/一般:2012年12月7日
●お問合わせ
いずみホール 06-6944-1188
●主催
いずみホール〔財団法人 住友生命社会福祉事業団〕
ビルボード・ジャパン

詳しくはコチラ
http://www.izumihall.co.jp/schedule/concert.html?cid=433&y=2013&m=3

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


  • 中村紘子 ピアノ・リサイタル

中村紘子 ピアノ・リサイタル



[ピアノ]中村紘子
日時 2013年2月16日(土) 15:00 開演 14:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 6,000円 B 4,500円 C 3,000円
入場券発売日 2012年9月23日(日)

プログラム ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番「月光」
J.S.バッハ(ブゾーニ編曲):シャコンヌ ニ短調 BWV.1004 ほか

ショパン:バラード 第1番
ショパン:12の練習曲 op.10 第3番「別れの曲」 第5番「黒鍵」 第12番「革命」
ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番 「葬送」
お問い合わせ先 ABCチケットセンター
06-6453-6000


中村さんが今回のリサイタルのために選んだ曲目は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」、J.S.バッハの「シャコンヌ」(ブゾーニ編曲版)、そしてショパンのバラード第1番、練習曲「別れの曲」「黒鍵」「革命」、ピアノ・ソナタ第2番「葬送」など。
日本のクラシック音楽の原点とも言うべきプログラムを、心ゆくまでどうぞご堪能ください。

詳しくはコチラ
http://www.asahi.co.jp/symphony/event/detail.php?id=1745

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。