世界の演奏家 まとめ

世界で活躍されている演奏家のYouTubeや名盤をまとめてます。注目のソリストの演奏会情報も更新してます!

プロフィール

sro6

Author:sro6
クラシック初心者の方にも見てもらいたく書いております。
相互リンク募集しております。

ランキング

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • ウラディーミル・アシュケナージ

ウラディーミル・アシュケナージ



Vladimir Davidovich Ashkenazy、1937年7月6日 ~
ソヴィエト連邦出身のピアニスト、指揮者である。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。現在は妻の故国であるアイスランドの国籍を持ち、スイスに在住している。
1955年第5回ショパン国際ピアノコンクールに、アダム・ハラシェヴィッチに次いで第2位受賞
1956年エリザベート王妃国際コンクール・ピアノ部門で優勝
1962年チャイコフスキー国際コンクール・ピアノ部門で優勝(イギリスのジョン・オグドンと優勝を分け合う)
現在はスイスのルツェルン湖畔に居を構え、シドニー交響楽団及びEUユース管弦楽団の音楽監督として主に指揮に重点を置きつつ精力的に活動している。


ショパン:練習曲集(全27曲)
ショパンの練習曲を収録した作品。「12の練習曲 作品10 第12番 ハ短調≪革命≫」「第3番 ホ長調≪別れの曲≫」他を収録。


ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ<悲愴><月光><熱情>
ベートーヴェンのピアノ・ソナタを収録した作品。「ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13≪悲愴≫」他を収録。


スポンサーサイト
マルタ・アルゲリッチ



Martha Argerich 1941年6月5日~

アルゼンチンのブエノスアイレス出身のピアニスト。5歳からヴィンチェンツォ・スカラムッツァのもとでピアノを学ぶ。8歳でモーツァルトとベートーヴェンのピアノ協奏曲を弾いてデビュー。ブゾーニとジュネーヴの国際ピアノ・コンクールに優勝、65年にショパン国際コンクールに優勝。彼女の世界的な評価を決定的なものにした。


おすすめ名盤

ショパン&リスト:ピアノ協奏曲第1番
マルタ・アルゲリッチ、クラウディオ・アバドロンドン交響楽団他の演奏による瑞々しく感性迸る演奏が楽しめる作品。


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
アルゲリッチの代表的な録音2つをカップリング。しかも両方ともライヴで、アルゲリッチの美質が遺憾なく発揮されている。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。