世界の演奏家 まとめ

世界で活躍されている演奏家のYouTubeや名盤をまとめてます。注目のソリストの演奏会情報も更新してます!

プロフィール

Author:sro6
クラシック初心者の方にも見てもらいたく書いております。
相互リンク募集しております。

ランキング

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスティアン・リンドベルイ



Christian Lindberg, 1958年 ~ は、スウェーデンのトロンボーン奏者。世界でただ1人、フルタイムのソロ・トロンボーン奏者として成功している人物で、これまでに70曲以上の協奏曲を含む200曲以上もの作品を初演している。

クリスティアン・リンドベルイはストックホルム出身で、17歳でトロンボーンをはじめるまではバリトンホルンを学んでいた。19歳のときストックホルム王立歌劇場管弦楽団でプロ奏者としての地位を得た。その後、フルタイムのソリストになるための勉強をはじめるため、20歳でそのオーケストラを離れた。
リンドベルイの楽器の腕前は、トロンボーンという楽器において最上のものである。たとえば、ヴィヴァルディの四季の冬におけるソロ・ヴァイオリンのパートを演奏するとき、驚くべきスピード、正確さ、スタミナ、柔軟性、そして音域などの要素を見出すことが出来る。一方、自身が編曲したプロコフィエフのロメオとジュリエットの『ジュリエットの告別』に代表されるような作品における抒情的な演奏は、それと対極をなすものである。
また、スヴェン=ダヴィット・サンドストレムから作曲を手がけるように説得されたことをきっかけとして、39歳のときに作曲家としての活動をはじめた。初めての自作自演作品であるトロンボーンと弦楽のための音楽『Arabenne』は1997年に録音した。2000年にはイングリッシュ・ノーザン・シンフォニアを振って指揮者デビューも果たした。

おすすめ名盤


トロンボーン協奏曲 R・コルサフ 他
クリスチャン・リンドベルイ(Tb), 今村能(指揮)東京佼成ウィンドオーケストラ

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。