世界の演奏家 まとめ

世界で活躍されている演奏家のYouTubeや名盤をまとめてます。注目のソリストの演奏会情報も更新してます!

プロフィール

Author:sro6
クラシック初心者の方にも見てもらいたく書いております。
相互リンク募集しております。

ランキング

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リサ・バティアシュヴィリ



Lisa Batiashvili 1979年 ~
グルジア出身のヴァイオリニスト。夫はオーボエ奏者のフランソワ・ルルー。
グルジアの首都トビリシに生まれ、1994年に一家でドイツのミュンヘンに移住する。ハンブルクでマルク・リュボツキーに、ミュンヘンでアナ・チュマチェンコにヴァイオリンを師事。1995年にはわずか16歳にしてシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールにおいて2位に入賞し脚光を浴びた。
2001年にBBCプロムスのコンサートに初出演して絶賛を浴びたほか、2007年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やニューヨーク・フィルハーモニックの演奏会にもデビュー。2003年にはシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭においてレナード・バーンスタイン賞を受賞。現在は世界各地で一流指揮者やオーケストラと共演を重ねており、日本ではNHK交響楽団と2004年1月(シャルル・デュトワ指揮)、2006年4月(シャルル・デュトワ指揮)、2009年1月(デイヴィッド・ジンマン指揮)、2011年12月(シャルル・デュトワ指揮)に共演している。

2001年にEMIよりCDデビュー(この時はエリザベス・バティアシュビリ-Elisabeth Batiashvili名義)。その後ソニー・クラシカルから2枚のCDをリリースし、2010年にはドイツ・グラモフォンへ移籍。この他、夫であるフランソワ・ルルーのCDにもヴァイオリニストとして参加している。
使用楽器は日本音楽財団貸与の1709年製ストラディヴァリウス「エングルマン」

おすすめ名盤


シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、リンドベルイ:ヴァイオリン協奏曲
2001年ヘルシンキで行われたシベリウス・コンクールで、16歳の若さで第二位に入賞して注目されたヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリの移籍第1弾アルバム。怜悧な美音を十分堪能できるシベリウスのヴァイオリン協奏曲と、同郷の作曲家リンドベルイが2006年に書き上げリサによって初演されたヴァイオリン協奏曲世界初録音の組合せ。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
ヒラリー・ハーン



Hilary Hahn、1979年11月27日 ~ はアメリカ合衆国のヴァイオリニストである。

バージニア州レキシントン生まれ、ボルティモア出身のドイツ系アメリカ人。

3歳11か月のとき、地元ボルティモアの音楽教室でヴァイオリンを始める。クララ・ベルコヴィチによる5年間の指導(最初の1年はスズキ・メソード)を経て、1990年、10歳でフィラデルフィアのカーティス音楽学校に入学し、17歳までウジェーヌ・イザイ最後の門下生ヤッシャ・ブロツキーに師事。ブロツキーの没後は19歳までハイメ・ラレードに師事。室内楽の勉強にも力を入れ、フェリックス・ガリミールとゲイリー・グラフマンに師事した

ソリストとして世界中で演奏活動を続ける一方、室内楽でも活躍している。また、映画「ヴィレッジ」のサウンド・トラックやロックミュージシャンのアルバム「So Divided」においても演奏するなど、活動の幅を広げている。

使用楽器は
パガニーニの所有していた'Cannone'のコピーであるヴィヨーム (Vuillaume) の1864年製。弓はフランスの製作者 Paul Jombar と Emil Miquel によるもの。弦はA線、D線、G線はすべてドミナントのミディアムゲージ、E線はワンダートーンを使用している。

おすすめ名盤

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 他
ヴァイオリニスト、ヒラリー・ハーンによるブラームスとストラヴィンスキーの「ヴァイオリン協奏曲」を収録した2001年録音盤。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


イツァーク・パールマン



Itzhak Perlman、1945年8月31日 ~
イスラエルのテル・アヴィヴ生まれのヴァイオリニスト、指揮者、音楽指導者。20世紀における最も偉大なヴァイオリニストの一人と評価されており、また知名度においても最も秀でたヴァイオリニストの一人である。
全ての音程は完璧に制御され、徹底的な美音、暖かで繊細・豊麗な歌い回し等が彼の演奏の特徴である。レパートリーは極めて広く、協奏曲・ソナタのみならず、フリッツ・クライスラーなどの小品集でも高い評価を受ける。また純粋クラシック音楽以外の分野も手がけ、ユダヤの民族音楽を歌ったものやスコット・ジョプリンのラグタイム集などの演奏等の業績も見られる。
演奏においてのみならず、教育者としても高く評価されている。使用楽器はストラディヴァリの『黄金期』に製作された1714年製ストラディヴァリウスのソイル。

おすすめ名盤


バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲)
ヴァイオリン奏者イツァーク・パールマンの考えるバッハ像、バッハ観がどの曲にも隅々まで行き渡った、充実度の高い全曲盤。見事なバッハ演奏を収録した1986年、1987年録音盤。


ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ<春><クロイツェル>
ヴァイオリン奏者イツァーク・パールマンによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタを収録した作品。「ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24≪春≫」他を収録。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。